帯の正面とお太鼓の模様を変えることで、全く違った印象になります。

上と下の写真は同じ帯ですが、着物にあわせて柄を選ぶことで、同じ帯には見えなくなりました。